院長コラム

虫歯の原因の一つに歯の質が大きく関係していることをご存知ですか

前回虫歯の原因について「歯の質」「ばい菌」「食べ物」が大きく関係していることをお知らせしました。

 

今回はその中で「歯の質」についてご説明していきます。

 

人の歯は、エナメル質・象牙質・セメント質などの成分から出来ています。

もともとエナメル質はとても硬い組織です。

しかしたまに歯ができる過程で一部分弱い歯を形成してしまうことがあります。

(これを石灰化不全と言います)

「歯の質が弱い」という状態であり、虫歯になりやすい歯の質だということです。
 

永久歯の石灰化不全以外にも虫歯になりやすい歯の質があります。

それは子供の歯です。

 

乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質の表面が弱くなっています。

生えたばかりの永久歯の表面に凹凸があるので、汚れもつきやすく落としにくくなっています。また、虫歯の原因となる酸に対しても十分な抵抗力がないので、虫歯になりやすいです。安定した表面になるまでの間は虫歯になる危険性が高く、注意が必要な時期です。

 

口の中では脱灰と再石灰化が繰り返されています。

脱灰とは虫歯菌が作る酸によって歯が溶けることで、再石灰化とは脱灰で溶かされた歯をもう一度修復することです。

このバランス崩れることで、むし歯ができます。初期むし歯は自分では見つけにくいので、歯科医院で定期的なチェックが必要になります。

むし歯の原因はこれだけではないので、また次回からお知らせしていきますね(*^_^*)

  • 虫歯の原因の一つに歯の質が大きく関係していることをご存知ですか