院長コラム

歯の着色をとり元の白い歯を取り戻しませんか?

「歯を白くしたい!」とご自身の歯の色に興味がある方はどんどん増えているような気がします。自分の歯は何が原因で色が変わっているのかを把握する事が大切です。

①歯石による着色 ②食べ物・飲み物・喫煙による着色 ③虫歯による着色 ④詰め物の劣化・変色 ⑤銀歯からの変色 ⑥年齢的な変化 ⑦神経が死んでしまっている歯 ⑧口呼吸

 ①は歯石除去し歯周病の治療を受けましょう。3か月に一回は歯石を取ることがおすすめです。長い期間ためてからだと歯石とりの機械のパワーも強くなってしまいます。痛いのが苦手な方こそ早めの治療がおすすめです。

 ②は綺麗に落とすためには専用の機械が必要になる場合があります。当院ではエアフロー(プロフィーメイト)を使用し、専用のパウダー(フラッシュパール)と水を高圧で噴射し着色を落としていきます。半年に一回受けていただくのがおすすめです。

 ③は虫歯治療を受けましょう。虫歯を放置することは他の健康な歯の虫歯リスクをあげてしまいます。

 ④⑤は気になるようでしたら新しいものにやりかえていきましょう。その際次変色しにくい材料を選ぶ事も大切です。ご相談下さい。

 ⑥⑦は歯の表面の着色ではないので、ホワイトニングにより白くする事ができます。ホワイトニングの方法についてはご相談下さい。

 ⑧は大人は一般的に鼻で呼吸しますが、中には口で呼吸する人がいます。これが口呼吸です。口の中が乾燥してしまい着色や虫歯・歯周病の原因になってしまいます。矯正治療が必要になることがあります。

どれかあてはまるものがあったでしょうか?歯が白いということはその方の第一印象に大きく影響します。ご自身に何が適しているか一度ご相談下さい。

 

  • 歯の着色をとり元の白い歯を取り戻しませんか?