小児歯科・小児矯正

お口の健康維持から、お子さまの健やかな成長を応援します

お口の健康維持から、お子さまの健やかな成長を応援します

お子さまは歯科医院が苦手な場合が多く、親御さまにとっても通院が負担になっているというケースもあるのではないでしょうか? 吹田市の歯医者「すとう歯科」ではお子さまにも安心して通っていただけるよう、「痛みの少ない治療」のご提供や「痛い状態を招かないための予防処置」に力を入れています。

成長期のお子さまにとって、食べ物をかみ砕いて消化や栄養の吸収を助ける歯とお口の健康は非常に大切です。咬み合わせのバランスは、顔立ちや発音などにも影響をおよぼします。当院の小児歯科では一般歯科治療や予防歯科、小児矯正を通してお子さまのお口の健康を保ち、健やかな成長を応援しています。

乳歯からの予防で生涯むし歯ゼロに~小児歯科~

乳歯からの予防で生涯むし歯ゼロに~小児歯科~

「乳歯はいずれ抜けるから」と、乳歯のむし歯をあまり気にしない方がいらっしゃいますが、それは間違った考え方です。むし歯のせいで成長期にしっかりと咬めないと、顎が発達不足になったり、栄養がしっかり摂れなくなったり、永久歯の歯並びに悪影響を与えたりする可能性があるので注意が必要です。

乳歯や生えたての永久歯は大人の歯に比べて歯質が柔らかく、むし歯になりやすいうえに進行が早いという特徴があります。積極的な予防処置によって、むし歯になりにくい口腔内環境をつくってあげましょう。当院では定期検診のほかに、唾液検査によるむし歯リスクの判定や食生活指導、高濃度フッ素の塗布など、お子さまの状態や年齢に合わせてさまざまな予防処置をご提案しています。

お子さまの年齢に応じた予防処置と治療

お子さまの年齢によってお口の中の状態は大きく異なり、予防や治療で注意すべきポイントも変わってきます。年齢に合わせた予防処置や治療によって、お口の健康を正しく守りましょう。

年齢 年齢別の予防処置 年齢別の治療
0~3歳 歯が生えてきたら、3か月ごとを目安に定期検診を受診する習慣をつけましょう。お子さまに負担がかからない低濃度のフッ素塗布や、保護者の方に対する生活習慣指導・ブラッシング指導などを行います。

できるだけ歯を削らなくてすむよう、ごく初期段階のむし歯に対してはフッ素塗布を行って治癒をうながします。お子さまによっては予防処置と並行し、むし歯のかかりやすさを判定する検査を行うこともあります。

むし歯の原因が咬み合わせや歯並びの乱れにある場合は、矯正(小児矯正)のご相談も可能です。

3~5歳 3か月ごとの定期検診やフッ素塗布、食事指導などと並行し、お子さま自身が少しずつ正しいみがき方を身につけられるよう、ブラッシング指導をはじめていきます。
6歳 「6歳臼歯」と呼ばれる最初の永久歯が生えてきます。歯並びや咬み合わせに影響する大切な歯ですが、生えたことに気づきにくく、表面の溝が深いのでみがき残しが多くなりがちな歯でもあります。非常にむし歯になりやすいので、仕上げみがきの際は注意しておきましょう。このころから定期検診で、専門的な歯のクリーニングも行っていきます。

当院ではむし歯リスクの高いお子さまや複数本のむし歯があるお子さまに対し、専用のマウスピースに薬剤を注入・装着することでむし歯菌などを除菌する「3DS(Dental Drug Delivery System)」にも対応しております。

もちろん通常のむし歯治療も可能で、お子さまの負担に配慮した「痛みの少ない治療」に努めています。

7~12歳 定期検診に加え、必要に応じて奥歯の溝にシーラント(歯科用プラスチックで溝をふさぎ、汚れが入り込むのを防ぐ処置)を行ってむし歯を防ぎます。
むし歯を防ぐ知識とモチベーション

むし歯を防ぐ知識とモチベーション

意味がわからないことや楽しくないことに対するモチベーションが保てないのは、大人も子どもも同じです。将来にわたってお口の健康を保つためには、お子さま自身に歯のことやブラッシングの大切さを理解してもらう必要があります。また、ブラッシングそのものや予防・早期治療などで長く関わることになる歯科医院を好きになってもらうことも大切です。

お子さまが楽しく歯科医院に通えるよう、親御さまは声かけの方法を工夫してあげてください。また、ブラッシングの大切さやむし歯の防ぎ方を、絵本やクイズを使って教えてあげるのも効果的です。

衛生士からのアドバイス
~出産後のお子さまのお口のケアについて~

赤ちゃんは生まれつきお口の中に細菌を持っていません(つまりこの状態ではむし歯になりません)が、親御さまをはじめとする大人たちと接する中で菌をもらってしまいます。こうした細菌の感染を防ぐには、「親が直接食べたりかじったりしたものをあげない」「同じ箸や食器を使いまわさない」といった工夫が効果的です。当院の院長には小さな子どもがおり、その育児経験からアドバイスをさせていただくこともできますので、気になることがあればお気軽にご相談ください。

バランスのよい発達の下地づくり~小児矯正治療~

歯並びや咬み合わせの乱れは口もとの見た目の問題だと思われることもありますが、実はそれだけでなく、多くのトラブルの原因となる可能性があります。お子さまの場合、深刻なコンプレックスやいじめの原因となってしまうケースも少なくありません。

歯並びや咬み合わせの乱れによる主なトラブル
  • クリアな発音がしにくくなる
  • ブラッシングが行き届かないことによりむし歯のリスクが高まる
  • 咬み合わせの力の偏りによって全身のバランスが乱れる
  • 食べ物をしっかりと咬めないことにより栄養不良を招くおそれがある
  • 消化器への負担が増える
  • 顔貌(がんぼう=顔立ち)へ悪影響が出ることがある

大人になってから矯正治療を受けることももちろん可能ですが、早い段階で矯正治療を開始すれば成長する力を利用して顎の骨格を整えることができます。お子さまの口元が気になるという方は、まずは一度ご相談いただければと思います。
顎の骨の形をコントロールする小児矯正を「1期治療」、顎の発達完了後に歯の並びや咬み合わせを整える小児矯正を「2期治療」と呼びます。

当院では、「指吸い」や「ほおづえをつく」など、歯並びや咬み合わせに影響をおよぼす習慣がないかなどもご家族の方にお伺いしながら、最適な治療計画をご提案いたします。

1期治療のメリット
1期治療を受けることの主なメリット
  • 顎が広がるので、将来成人矯正を受けた際に抜歯の可能性を減らせる
  • 成長期に咬み合わせが改善することで、咬合機能が向上する
  • 顎の外科手術を併用する外科矯正の可能性を減らせる
  • 矯正治療による仕上がりがよくなる
  • 2期治療が短くてすむ
  • コンプレックスを抱えずに済む可能性が高くなる

1期治療にはさまざまなメリットがあるので、お子さまの歯並びが気になる方はお早めにご相談ください。特に下の前歯が上の前歯より前に出た状態「反対咬合(受け口)」のお子さまには、3歳から使用できる装置もご用意しています。吹田市の歯医者「すとう歯科」では下記のような治療を併用し、治療期間の短縮や費用の負担軽減に努めています。

MFT(筋機能療法)

お口の周りの筋肉を鍛えてバランスを整え、機能を改善するためのプログラムです。正しい舌の動きやお口周りの筋肉の動きを習慣化し、矯正治療の後戻りを防ぎます。

ムーシールド

反対咬合のお子さまに対し、3歳から使える矯正装置です。筋肉のバランスを整え、顎の正常な発達をうながします。起きている間の数時間と就寝中にお口に入れておけば、一般的に半年ほどで反対咬合が改善していきます。

院長からのアドバイス
~小さい頃からの取り組みがポイントです~

お子さまがまだ小さい頃から上記のような下地づくりに取り組んでおくことで、大きくなってから矯正治療を受ける必要がなくなったり、治療にかかる期間が短くなったり、治療費を抑えたりできる可能性が高くなります。お子さまの場合、歯並びの乱れがコンプレックスになってしまうこともあるので、子どもの歯並びや咬合が気になるという方はご相談ください。

再発を防ぎ、いつまでも自分の歯を保つ治療をむし歯治療・歯周病・親知らずはこちら

お口のトラブルを防ぎ、健やかな毎日を予防歯科はこちら

歯周病には歯科医院での専門的なケアを歯周病治療はこちら