入れ歯・インプラント

しっかりと咬める。それは豊かな生活の土台です

しっかりと咬める。それは豊かな生活の土台です

むし歯や歯周病、もしくは何らかの事故などで歯を失ってしまった場合、補綴(ほてつ)治療によって失った歯の機能を補う必要があります。歯を失った部分をそのままにしておくと、周囲の歯がそのスペースに倒れこみ、口腔内全体の咬み合わせが乱れてしまいます。これによってさらなる歯の喪失を招く可能性があるので、早めの治療が欠かせません。

歯やお口の健康は、食事や会話を楽しみ、豊かな生活を送るための土台です。大阪市吹田市の歯医者「すとう歯科」では保険の入れ歯はもちろん、機能性の高い快適な入れ歯や、周囲の歯に負担をかけないインプラントをご要望に応じてご提案しています。

みなさまは、「健康寿命(健康上の問題がなく自立した日常生活を送れる期間)」という考え方をご存知でしょうか? 歯を失うことは、この健康寿命を短くすることにつながります。当院とともに、健康寿命を延ばしていきましょう。

入れ歯のお悩みはありませんか?

入れ歯のお悩みはありませんか?

入れ歯が合わず、痛みや不具合を感じているのに我慢して使っているという方は少なくないでしょう。外れやすかったり、咬むと痛みが出たりするケースもよくあります。人間の顎の骨の状態は変化していくものなので、つくった当初はぴったりでも、徐々に合わなくなってきます。修理や調整を加えながら快適な状態を維持しましょう。

当院では入れ歯に関するさまざまなお悩みの相談を承っています。床(歯ぐきにあたるピンク色の部分)の厚みやバネの安定性に注意し、しっかりと咬める快適な入れ歯をおつくりしております。即日修理が可能な場合もありますので、合わない入れ歯でお悩みの方は一度ご相談ください。

取り扱い入れ歯の種類

JR吹田駅から徒歩5分の「すとう歯科」では健康保険が適用される入れ歯のほか、次のような自費診療の入れ歯もおつくりしています。自費診療の入れ歯は材質や形状に制限がなく、見た目が自然で機能性に優れた入れ歯をご提供可能です。

パーシャルデンチャー パーシャルデンチャー
バネの部分に白色の金具を使用することも可能なので見た目が自然で、食べ物や飲み物の温度を感じやすいというメリットがあります。患者様のお口の中にもっとも適した設計で、理想的な部分入れ歯を作成することができます。
ノンクラスプデンチャー ノンクラスプデンチャー
金属製のバネ(クラスプ)を使用しない部分入れ歯です。歯ぐきの部分が適度な弾力性を持ったシリコンでできており、見た目が自然で金属アレルギーの心配もありません。
マグネットデンチャー マグネットデンチャー
残っている歯根と入れ歯の裏側に磁石を装着し、磁力によって固定する入れ歯です。見た目が自然で違和感が少なく、咬み心地もよくなります。
ホワイトクラスプデンチャー ホワイトクラスプデンチャー
金属製のバネの代わりに、歯と同じく白い素材でできたクラスプで固定するタイプの部分入れ歯です。金属製よりも見た目が自然で、あまり目立ちません。
金属床(チタン・コバルトクロム床) 金属床(チタン・コバルトクロム床)
床部分に金属を用いた総入れ歯です。強度が高いため床部分が薄くつくれ、違和感を覚えにくく、食事の温かさも楽しめます。当院では一般的なコバルトクロム製のほか、生体親和性が高いチタン製の義歯も製作可能です。

院長からのアドバイス
~入れ歯をしっかり固定できるインプラントオーバーデンチャー~

一般的な入れ歯は「固定式」ではないので、グラついたり外れたりといったことが起こる可能性があります。そういったトラブルを回避したい方、しっかりと噛める入れ歯を使いたいという方におすすめなのが、インプラントオーバーデンチャーです。

インプラントオーバーデンチャーは、2本から4本のインプラントを埋めこんでインプラントと義歯床を連結させ、しっかり安定させることができる入れ歯です。固定できるので硬い物も噛めるようになり、本数が少ないのでインプラント治療よりも費用を抑えることができます。

周囲の歯に負担をかけないインプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、それを土台にしてセラミックなどでできた歯冠を固定する補綴治療の一種です。このチタン製の人工歯根を「インプラント」と呼びます。周囲の歯に固定する入れ歯やブリッジと異なり、健康な歯に負担をかける心配がありません。

従来の治療法との比較
歯が2本抜けた場合
  ブリッジ インプラント治療
両隣の健康な歯を削り、それを支台にして固定します。 歯が抜けた本数だけインプラントを入れます。
メリット
  • 固定式なので違和感があまりない
  • 見た目が自然
  • 健康保険が適用できることもある
  • 固定式なので違和感があまりない
  • 見た目が自然
  • 健康な歯に負担をかけない
  • 咬む力が大きく回復する
デメリット
  • 健康な歯を削らなければならない
  • 土台となる歯に負荷がかかり、歯の寿命が縮まる恐れがある
  • 外科手術が必要になる
  • 自費診療なので治療費が高額になる
奥歯が複数本抜けた場合
  部分入れ歯 インプラント治療
取り外し可能な部分入れ歯の間にバーを渡し、クラスプで固定します。 数本のインプラントを入れ、それらを連結します。
メリット
  • 健康な歯を削らなくてよい
  • 健康保険が適用可能(自費診療のタイプもあります)
  • 固定式なので違和感がほとんどない
  • 見た目が自然
  • 健康な歯に負担をかけない
デメリット
  • 取り外して手入れする必要がある
  • バーやクラスプがあるので違和感を覚えやすい
  • しっかりと咬みにくい
  • 発音が難しく感じられることがある
  • 顎の骨が痩せやすい
  • 外科手術が必要になる
  • 自費診療なので治療費が高額になる
インプラント治療の安全性を高めるCT診断

インプラント治療では、顎の骨に外科的処置を加える必要があります。顎の骨の内部には血管や神経がとおっており、それらの正確な位置を把握しておかなければ安全性が確保できません。当院では精密検査に「歯科用CT」を使用し、正確な診断に基づく確実性の高い治療をご提供しています。

歯科用CTを用いれば、患部の骨の厚みや状態、血管や神経の位置、初期状態のむし歯や歯周病などを3次元画像で詳細に把握することが可能です。インプラント埋入の位置や角度を判断する際、この3次元画像データが活躍します。

口もとの印象から若々しく、美しく審美歯科・ホワイトニング・矯正はこちら

お口のトラブルを防ぎ、健やかな毎日を予防歯科はこちら